1997年、KREVA、LITTLE、MCUとソロ活動していた3MCによって結成されたHIP HOPグループ。同年「タカオニ / カンケリ」でインディーズデビュー、2001年5月「スーパーオリジナル」でメジャーデビューし、「クリスマス・イヴRap」「マルシェ」「アンバランス」「イツナロウバ」「sayonara sayonara」など数々のヒット曲生み出している。

デビューアルバム「VITALIZER」はオリコンウィークリーチャート初登場3位、ベストアルバム「BEST ALBUM 2001-2003」(2003年11月)は、初登場1位を獲得するなどKICK旋風を巻き起こす。さらに2002年12月31日には、第53回NHK紅白歌合戦に「マルシェ」で初出場、私服での出演も話題になるほど。

彼らの活動は日本国内に留まらず、台湾から台湾親善大使を任命、招聘されたり、ニューヨークで開催されているヒップホップ界の最高峰アワード「THE SOURCE HIP HOP MUSIC AWARDS 2003」に日本人初ノミネートされ、アルバム「magic number」がフランス、カナダ、イギリス、キューバのアーティストらの作品とともに「International Album of the Year」を受賞するなど勢いは止まらない。

ライブ活動も精力的に行い、ストリート出身の彼らは全国のクラブを中心に、全国ホールツアー、アリーナツアーなども開催している。チケットは即日完売と名実とともに人気を不動のものにする。 日本において「HIP HOP」という新しいジャンルをメジャーにし、拡め定着させた功績は実に高い。

2004年6月、人気絶好調の中、KICK THE CAN CREW活動休止を発表。

個々のソロ活動に専念するも、夏のフェスティバルなどでKREVAのステージにサプライズ出演したり、KREVA作品に参加するなどはあったが、2014年夏、何の前触れもなく「ROCK IN JAPAN FES 2014」に約11年振りにKICK THE CAN CREW名義として出場のニュースが流れるや瞬く間にYahoo!トップニュースにあがるほどの反響を巻き起す。

その後もアニバーサリーを掲げた「FM802 MEET THE WORLD BEAT」「908 FESTIVAL」へ出演が発表。残念ながら台風で中止になってしまった「MEET THE WORLD BEAT」。KICKは関西の音楽ファンのためにと、12月にスピンオフライブ「KICK THE WORLD BEAT」を企画、11年振りに単独公演をなんばHatchで1日2公演行う。

全公演ともデビュー当時からの根強いファンのほかに、初めて聴く、知る人たちも多くいた。活動をしていなくても新しいファンが増えてるというのは、彼らの楽曲の持つ魅力が失われることなく輝き続けていると実感させるものだった。
これぞKICK!!スーパーグループの華麗な復活劇!!だった。

今後は常に発していた「どの会場でも反応がよくて人気があったら今後もやってもいいよね」と言っていた3人。スキルも実力も人気も兼ね備えた唯一無二のスーパーグループ「KICK THE CAN CREW」の活動をお楽しみに!!

  • 1976年5月7日 東京・八王子生まれ。KICK THE CAN CREWのリーダー&MC。
    1996年、ZINGI「ライム遊戯」への客演、1998年、ミニ・アルバム「いいの」でソロ・デビュー。
    マッチョイズムを離れたリリック&MCスタイルは日本のポップシーンに革命を起こし、KICK THE CAN CREW(KREVA、MCU、LITTLE)を結成後、ブレイク目前の2001年にソロ初のフル・アルバム『Mr.COMPACT』をリリース。
    2004年KICK THE CAN CREWの活動休止に伴い、ソロ活動再開。

    DJ FUMIYA(RIPSLYME)東京スカパラダイスオーケストラ、トータス松本等とのコラボで話題となった2ndアルバム『LIFE』をリリース。
    2006年には人気アニメ「おでんくん」(リリー・フランキー作/NHK教育テレビ)のエンディングテーマを担当し『ニセおでんくん』役で声優としても出演。2008年にはMICRO(HOME MADE 家族)、SHOGO(175R)、童子-T、Mummy-D(RHYMESTER)、Metis等が参加し3rdアルバム『“YES”rhyme-dentity』をリリース。

    2014年2月には約6年ぶりの新作「アカリタイトル1」を発表。盟友TAICHIMASTERに、FG UNITからDJ ISO(MELLOW YELLOW)、ヨースケ@HOME、Shingo.S等によるトラックメイキングに加え、フィーチャリングヴォーカルとして、FLYINGKIDS浜崎貴司に清水翔太や加藤ミリヤとのコボでも知られるSHUNが参加。SUPER BUTTER DOGの名曲「FUNKYウーロン茶」を大胆リメイクした「FUNKYウーロンハイ」や、30人を超えるラッパーやクリエーターによる「D.R.E.A.M」等、話題満載のチューンが目白押しのアルバムとなった。

    現在はKICK THE CAN CREW、UL、アスタラビスタの1員として活動中。

  • 2004年6月18日、「希望の炎」を発表。同年9月8日(クレバの日)に「音色」でメジャーデビュー。

    精力的に作品を発表し、リリースされる楽曲は常にチャート上位にランクイン。アルバム「愛・自分博」はヒップホップソロアーティスト史上初のオリコン・ウィークリーチャート初登場1位を獲得。同アルバムのリリースツアー最終日では初の東京・日本武道館公演も開催した。

    2012年9月には埼玉・さいたまスーパーアリーナで「908 FESTIVAL」と題した大型イベントを主催し大成功に収める。その確かな実力でアンダーグラウンドシーンからのリスペクトを集める一方、久保田利伸、草野マサムネ、布袋寅泰、三浦大知らメジャーなアーティストとのコラボも多数。ラッパーとしてのみならずビートメーカー、リミキサー、プロデューサーとしても内外から高い評価を受けている。

    2014年6月18日ソロデビュー10周年を迎え、同日ベストアルバム「KX」をリリースし、KREVAライブハウスツアー2014「K10」を実施、9月07日、08日(クレバの日)には「908 FESTIVAL」を日本武道館2DAYS開催。初日は「KREVA〜完全1人武道館」、二日目は「クレバの日」鈴木雅之、久保田利伸、KICK THE CAN CREWなど豪華アーティストと音楽の祭りを開催。WOWOW史上初となる1アーティスト2夜連日生中継された。

    2015年、まだまだ続く10周年の挑戦!! と、KREVA初の全国47都道府県 TOUR 2015「UNDER THE MOON」開催直前に、ニューシングル「Under The Moon」を2月25日に発売、2月27日Zepp DiverCity Tokyoを皮切りに前半戦はライブハウスを中心にwith DJ+DRUM STYLEで全35公演、後半戦は6月3日浦安市文化会館からwith BAND STYLEで全17公演+with DJ+DRUM STYLE 1公演をホールで行い、前半戦と合わせて全53公演を開催中。

    さらに恒例となった「908 FESTIVAL」は大阪&東京共に2DAYS開催される。8月26日(水)27日(木)「908 FESTIVAL in OSAKA」@大阪フェスティバルホール、そして9月07日(月)08日(火)「908 FESTIVAL2015」@日本武道館、今年は7日は前夜祭と称して行われる。「俺の音楽人生、まだまだ中盤戦!」とKREVAの勢いは止まらない。
    HIP HOPシーンのみならず日本の音楽界最重要人物のひとり。

  • 1973年8月1日生まれ。東京都巣鴨出身。KICK THE CAN CREW、ULのMC。
    DJ TATSUTAらと共に16歳でRadical Freaksを結成し活動を開始。

    1997年KREVA,LITTLEと共に「KICK THE CAN CREW」を結成。ソロ活動として2002年浜崎貴司(FRYING KIDS)をフィーチャリングしたシングル『幸せであるように』をリリース。
    2004年KICK THE CAN CREW活動休止後、7月再び浜崎貴司をフィーチャリングしたシングル「サーフライダー」でソロ活動を本格的にスタート。2005年3月宮沢和史(THE BOOM)とのコラボレーションシングル「ありがとう」をリリース。同年5月豪華アーティストが多数参加した1stソロアルバム『A Peacetime MCU』をリリース。7月浜崎貴司と共に「マツリルカ」結成。(シングル作品を3枚リリース)11月渋谷公会堂ソロライブを収録したDVD『 A Peacetime MCU-ONE NIGHT STAND 2005.6.23-』を発売。
    2006年映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』のテーマ曲「シーサイド・ばいばい」をプロデュース。2007年6月2ndソロアルバム『A.K.A』をリリース。「シーサイド・ばいばい」MCU ver.を始め、セツナソングス3部作、地元巣鴨出身の同世代ラッパーやDJをフィーチャーしたHIP HOPサイド、デーモン小暮閣下とのコラボレーションにみられるMETALとRAPの融合も実現。2009年3月、3rdソロアルバム「SHU・HA・RI~STILL LOVE~」をリリース。GLAYのTERU氏とコラボレーションした「STILL LOVE featuring TERU(GLAY)」が話題に。
    2010年2月ソロ活動7年間の集大成として「BEST OF MCU」をリリース。

    2011年 LITTLEと共に「UL」を結成。2014年3月KREVAプロデュースによるULデビューアルバム「ULTRAP」をリリース。2015年4月超豪華ゲストアーティスト&作家陣が参加したUL2ndアルバム「Boys & Gentlemen」をリリース。現在、雑誌「EYE SCREAM」にて「MCUのゲーム温故知新」連載中。